ECB総裁、刺激策の先行きめぐる態度保留を継続か-20日に政策委

  • ECBは20日にフランクフルトで政策委員会を開催
  • エコノミストらはQEがいずれ延長されると予想

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、現時点では刺激策の拡大に踏み切らず、先行きについて態度保留を続けるだけにとどまりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。