米ウェルズ・ファーゴ、社債35億ドル起債-格付け見通し引き下げ後

S&Pグローバル・レーティングが米ウェルズ・ファーゴについて小口銀行業部門の不祥事が格下げにつながる可能性があると警告した後、同行は19日、社債35億ドル(約3600億円)を起債した。

  ブルームバーグの集計データによれば、ウェルズ・ファーゴは10年債を表面利率3%で起債。S&Pによる格付け見通し引き下げに先立ち、同行は18日に社債の価格設定を遅らせていた。

  S&Pはウェルズ・ファーゴでのリテールバンク部門の不祥事拡大による打撃への懸念を理由に挙げ、同行の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。

原題:Wells Fargo Sells $3.5 Billion of Bonds After S&P Cuts Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE