ドル・円が反発、日本株高が支え-クリントン氏優勢変わらずとの声

更新日時
  • 朝方に付けた103円35銭から一時103円78銭までドル高・円安が進行
  • ECB金融政策発表を控え、ユーロ・ドルは3カ月ぶり安値

20日の東京外国為替市場で、ドル・円相場は1ドル=103円台後半に反発した。前日の米国市場の流れを引き継いでドル売り・円買いが先行した後、日本株の続伸などを受けて上昇に転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。