米連邦準備制度理事会(FRB)が19日公表 した地区連銀経済報告(ベージュブック)によれば、米経済は8月遅く から10月初めにかけて安定した成長ペースを維持。労働市場はタイトで 賃金の上昇圧力が出始めており、大半で前向きな見通しが示された。

ベージュブックでは「大半の地区は緩慢ないし緩やかなペースでの 景気拡大を報告した」とし、「見通しは大半がポジティブで、幾つかの 地区では非常に緩慢ないし緩やかなペースでの成長が続くと見込んでい る」と記した。

労働市場については「引き続きタイト」であり、雇用と賃金の面で 緩慢な伸びが見られたと指摘。サンフランシスコ地区では、一部の小企 業の経営者が、求職者を引き付けるため医療保険の手当を復活させる必 要があったと説明した。

ベージュブックでは「賃金の伸びは控えめな水準で非常に安定して いたが、一部地区は特定の分野での圧力の強まりを報告した」と指摘。 ダラス、リッチモンド、サンフランシスコの3地区は、建設作業員の不 足を挙げた。それにより、建設活動が制限されるケースもあった。

物価の伸びは総じて「わずか」とされた。

住宅市場に関しては大半の地区で拡大し、今後の成長について明る い見方を示した調査先もあった。ただ住宅の在庫不足で、一部地区では 販売が抑制された。

石油・天然ガス分野では安定化の兆しが見られたとし、ダラス地区 のエネルギー関連の調査先は2017年の状況改善を予想した。

商業用不動産の分野ではいくつかの地区の調査先が、米大統領選に 関連した景気の不確実性をめぐり懸念を表明した。

(第3段落以降にベージュブックの内容を追加し、更新します)

原題:Fed Beige Book Shows ‘Mostly Positive’ Outlook for U.S. Economy(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE