19日のインド株式相場は今週2回目の下げとなった。指標のS&P・BSEセンセックスは前日に5カ月ぶり大幅高となっていた。

  最近、堅調だった金融銘柄と自動車関連株が売られた一方、ヘルスケア株と電力株には引き続き買い意欲が見られた。小型株指数は最高値を記録した。

  センセックスは前日比0.2%安の27984.37で終了。一時は0.3%上昇した。前日は1.9%急伸と、アジアの主要株価指数の中で最大の上げを演じた。

原題:India’s Sensex Retreats After Biggest Advance in Five Months(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE