ヘッジファンドにさようなら、運用者の新天地はファミリーオフィス

  • 「ヘッジファンド業界はキャパシティー過剰」とアッカドCIO
  • 「ファミリーオフィスという独立した業界が確立」-ウッドソン氏

T・F・メーガー氏はちょっと前まで、ヘッジファンドで働いていた。60億ドル(約6200億円)を運用するUBSオコナーだ。資金流出に悩むファンドが多い中で資産を増やしてさえいる優良なファンドだった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。