三菱自株急騰、ゴーン氏が会長就任するとの報道-5カ月ぶり上昇率

三菱自動車の株価が急騰し、一時は約5カ月ぶりの上昇率となった。日産自動車のカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)が三菱自の会長を兼務して、抜本的な経営の立て直しを進めると、日本経済新聞(電子版)が報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。