ヘッジファンドの新規開設ペース、アジアで鈍る-2000年以来の低水準

  • ユーリカヘッジによると、1-9月は27件-減少は3年連続
  • 振るわない成績と手数料の高さで投資家は新規ファンドに及び腰

アジアでヘッジファンドの新規開設ペースが今世紀に入って最も鈍くなっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。