中国人民元、9日ぶり反発-GDP統計が景気安定を示唆

更新日時

中国人民元は19日、ドルに対し9営業日ぶりに反発した。前日まで今年最長の下落局面が続いていた。この日発表された7-9月(第3四半期)の国内総生産(GDP)で、中国経済の安定が示唆された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。