サマーズ元米財務長官:米国は年間GDP1%相当のインフラ投資を

  • トランプ氏をアルゼンチンのペロン政権の大衆迎合主義に例える
  • オバマ大統領が目指すTPPの議会承認はまだ不可能ではない

サマーズ元米財務長官は18日、米経済を活気づけ、「長期停滞」からの脱却を後押しするため、向こう10年間にわたり合計で2兆5000億ドル(約260兆円)相当のインフラ投資を呼び掛けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。