超長期債が安い、海外金利の上昇警戒で-新発10年債は取引不成立

更新日時
  • 新発20年債利回り0.395%、新発30年債利回り0.505%に上昇
  • ECB通過するまで警戒感から動きにくい-損保ジャパン日本興亜

債券市場では超長期債相場が下落。欧州中央銀行(ECB)の金融政策決定会合を控え、海外金利の上昇に対する警戒感を背景に売り圧力が掛かりやすいとの指摘が聞かれた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。