オバマ米大統領:「不正」選挙とのトランプ氏の批判は「泣き言」

オバマ米大統領は、大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏が今回の選挙について自身に不利になるよう「不正操作」されていると繰り返し主張していることについて、泣き言だと批判した。また米選挙制度の正当性を疑問視するトランプ氏の姿勢は近代史において前例のないことだと指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。