ロンドンのタクシーは英語通じないとダメ-ウーバー運転手に言語試験

ロンドン市の交通当局は配車アプリの米ウーバー・テクノロジーズとの闘いをエスカレートさせた。民間免許のタクシー運転手として営業するために英語能力の試験にパスすることを義務付けた。

  新規則はウーバーXと同社の黒塗りタクシーサービスの両方に適用される。ロンドン当局は先に、非英語圏出身の運転手にのみ英語力の資格を求める規則を導入しようとしたが、ウーバーが同規則の差し止めを勝ち取っていた。この規則が差別であるとされた市当局は言語能力の要件を撤回するのではなく、全ての運転手に2017年3月31日までに資格を満たすことを求めた。

ロンドンのブラックキャブ

Photographer: Simon Dawson/Bloomberg

  ロンドン市当局は伝統的なブラックキャブ業界を守ろうとし、ウーバーは強まる抵抗に直面している。カーン・ロンドン市長は18日LBCラジオで、言語試験はウーバーや他の民間免許タクシー会社に求める四つの条件の一つだと説明。他の三つはサービス提供前に運転手の身元と車両について顧客に明らかにすること、保険契約、上級の運転技能試験だという。

原題:London to Put Uber Drivers Through English-Proficiency Test (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE