米ブラックロック:7-9月期は3.8%増益、経費削減が奏功

  • アクティブ型とパッシブ型の両ファンドに資金が流入
  • 調整後1株利益は5.14ドル、市場予想を上回る

世界最大の資産運用会社、米ブラックロックの7-9月(第3四半期)決算は利益が前年同期比3.8%増加した。コスト削減が奏功したほか、同社の上場投資信託(ETF)に投資資金が流入した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。