英国:9月のインフレ率は1%、予想上回る-約2年ぶり高水準に

英国では9月にインフレ率が上昇し、約2年ぶりの高い伸びとなった。 英政府統計局(ONS)が18日発表した。

  9月の消費者物価指数 (CPI)は前年同月比1%上昇した。伸び率は8月の0.6%を上回り、2014年11月以来の高水準に達した。ブルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は0.9%だった。

  コアインフレ率は1.5%で、これも2年ぶり高水準。予想中央値は1.4%だった。出荷価格は前年同月比1.2%上昇と、3年ぶりの大きな伸びを記録した。

  ONSは、ポンド安が消費者物価に大きく作用した明らかな兆候はみられないものの、生産者物価に影響していると指摘した。

  フィデリティの投資ディレクター、トム・スティーブンソン氏は、「1%はイングランド銀行のインフレ目標である2%からまだ程遠いものの、為替の変化が遅れて影響することからCPIは今後高まることが見込まれる」とし、「インフレは上昇基調を続けるだろう」と語った。

原題:U.K. Inflation Rate Surges to Highest in Almost Two Years (1)(抜粋)


    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE