中国人民元:6年ぶり安値近辺、一時上昇も続かず-先安感根強い

  • 米金融当局が利上げすれば元安圧力が強まるとの懸念
  • 元が今後1年で1ドル=7.1元に向かうのは「不可避」-ソシエテG

中国人民元は18日、ドルに対し6年ぶりの安値近くで推移している。米金融当局が利上げすれば元安圧力が強まるとの懸念が根強い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。