長期金利上昇で大打撃、「テール」なシナリオではない-ゴールドマン

  • 長期金利の1ポイント上昇で過去最大の損失水準だと分析
  • 世界の債券での平均残存年限はインフレ調整後で09年の2倍超

長期金利が上昇すれば投資家はひどい打撃を受ける。ゴールドマン・サックス・グループの分析が示した。最近の長期債利回り急上昇を考えると、怖くなる話だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。