中国:9月のファイナンス規模、予想上回る-債務増大懸念も

更新日時
  • 9月の経済全体のファイナンス規模は1兆7200億元
  • 新規人民元融資は1兆2200億元、M2は前年同月比11.5%増

中国経済全体での9月のファイナンス規模が市場予想を上回った。国内経済の安定持続が示される一方で、不動産バブルや債務拡大ペースをめぐる懸念の高まりが浮き彫りになった。

  中国人民銀行(中央銀行)が18日発表した経済全体のファイナンス規模は1兆7200億元(約26兆5600億円)。ブルームバーグがまとめた予想中央値は1兆3900億元だった。

  9月の新規人民元融資は1兆2200億元。同月のマネーサプライ(通貨供給量)統計で、M2は前年同月比11.5%増加した。

  与信拡大が経済の安定化につながる中で、政策当局は低水準の借り入れコストがもたらした住宅価格上昇を抑えることに軸足を移しつつある。

  みずほセキュリティーズアジアのアジア担当チーフエコノミスト、沈建光氏(香港在勤)は「政府はジレンマを抱えている。不動産部門の引き締めが行き過ぎれば経済は急降下しかねないが、抑制しなければバブル拡大を許すことになる」と分析。同氏は与信の伸びが10月に大きく鈍化すると予想している。

  キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ジュリアン・エバンスプリチャード氏(シンガポール在勤)は電子メールで、「与信の伸びは数年前と比べて速いペースを維持しているものの、ここ数カ月間に鈍化している」と指摘。「与信リスク懸念の広がりは、追加的な金融緩和の可能性が低いことを意味している。より慎重な政策姿勢が経済成長にインパクトを与えるには時間がかかるだろう」との見方を示した。

原題:China Credit Surge Fuels Economic Stabilization, Debt Concerns(抜粋)

(4段落目以降でコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE