CEOの早過ぎた死が波紋呼ぶ-週6日12時間労働の中国ネット業界

  • 春雨医生の創業者でCEOだった張鋭氏が心臓発作で死亡
  • 張氏はジャーナリスト出身で2011年に春雨医生を創業

中国で新興アプリ開発会社の創業者が44歳という若さで亡くなり、手っ取り早く資産を築くため長時間労働が当たり前となっている中国のテクノロジー業界に波紋を広げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。