トランプ氏の税制改革案、長期的には雇用にマイナスか-エコノミスト

  • 逆にクリントン氏の案は短期的にはマイナスでも長期的にプラス
  • ペンシルベニア大ウォートン校のエコノミストらが分析

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の税制改革案は、短期的には景気を押し上げ得るが、長期的には10年間で雇用創出を69万人余り減らす可能性があることがエコノミストの分析で明らかになった。民主党候補のヒラリー・クリントン氏の税制案は逆に、当初は景気を冷え込ませるが、後に経済を活性化させる見込みだという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。