ドル・円が104円台に反発、オセアニア通貨中心にドル売りと円売り交錯

更新日時
  • 一時103円68銭と2営業日ぶり安値を付けた後、104円13銭まで戻す
  • 104円台の重さが見える中で押し目を探る動き-上田ハーロー

18日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=104円台に反発。前日の低調な米経済指標や米債利回りの低下を受けてドル売りが先行したが、対オセアニア通貨などクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)での円売りが支えとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。