OPECの生産推計めぐり紛糾-イランもデータ受け入れ拒否

  • イラクとベネズエラに続きイランもOPEC推計を疑問視
  • データめぐる対立で11月総会での合意完了が困難になる可能性

石油輸出国機構(OPEC)は新たな原油生産枠組みの導入を目指している。それには、加盟各国の現行の生産推計について一致することが第一歩となる。だが、イラクとベネズエラに続きイランもOPECのデータに公然と異議を唱え始め、混迷が深まりつつある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。