豪中銀議事録:成長の合理的な可能性ある-鉱業投資減に伴う逆風緩和

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は18 日、今月4日に開いた金融政策決定会合の議事録を公表した。議事録で は、経済成長が持続する「合理的な」可能性があり、それが雇用創出を 刺激し、やがて賃金とインフレの上昇を後押しするとの認識が示され た。豪中銀は同会合で政策金利を過去最低の1.5%に据え置いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。