ヘッジファンド投資で年金に4000億円損害とNY州-会計検査官を批判

  • 会計検査官は何年も行動を起こさなかったとDFSが報告で指摘
  • DFSには政治的動機があると会計検査官の広報担当者は反論

運用成績が芳しくないヘッジファンドから職員退職年金基金の資金を引き揚げる決定をニューヨーク州の会計検査官が行わなかった結果、標準を下回るパフォーマンスと手数料負担によって38億ドル(約3950億円)の損害が生じたと州金融サービス局(DFS)が報告で指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。