ディズニー、ツイッター買収断念の理由の一つはイメージ悪化-関係者

  • SNSを手掛けるツイッターのサイトで繰り広げられる言葉に懸念
  • バリュエーションや大株主の圧力も買収断念の決定につながった

ウォルト・ディズニーツイッターへの買収提案を断念した理由の一つは、ソーシャル・ネットワーキング・サ ービス(SNS)を手掛ける同社のサイト上で繰り広げられる言葉の暴力がディズニーの家庭的イメージを傷つける恐れがあるとの懸念だったと、経営陣の考え方に詳しい関係者が明らかにした。

  ディズニーはツイッターへの買収案を検討するため、JPモルガン・チェースとグッゲンハイム・パートナーズの投資銀行2行をアドバイザーに起用するほどで、経営陣はツイッター幹部による事業説明にも耳を傾けたと、関係者が匿名を条件に語った。

ディズニーの人気キャラクター

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  ツイッター買収断念の理由はほかにもあり、同社が赤字を出しながらも時価総額が120億ドル(約1兆2450億円)近いことも影響した。ディズニーの時価総額はその12倍ほどだが、買収実施となれば大規模案件となるため、一部の大株主が買収への懸念を示したとも関係者は明かした。

原題:Disney Said to Have Dropped Twitter Pursuit Partly Over Image(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE