ホンダ:中国・武漢に新工場建設-需要回復で計画凍結を解除

  • 19年の稼働開始目指す、生産能力は当初12万台
  • 中国では小型車減税で日本車販売が大幅増加

ホンダは中国で新工場を建設し、19年の稼働開始を目指す。生産能力は当初12万台で、その後24万台に拡大する計画。現地合弁・東風本田の陳斌波執行副総経理が電話インタビューで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。