東電債は買いの声も、スプレッド拡大で-新知事よりも廃炉費用

更新日時
  • 東電HDのCDSは知事選を受け3.5bp上昇、2月以来の水準
  • 「柏崎刈羽からの収益獲得が遠のきネガティブ」と野村証・魚本氏

16日の新潟県知事選挙で柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に慎重な米山隆一氏が当選し、東京電力ホールディングスの社債やクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッドが拡大している。スプレッドが大きく拡大していけば、良い投資機会になるとBNPパリバ証券は指摘する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。