トランプ氏、不正投票が進行と批判強める-支持者さえ根拠ないと一蹴

  • 数カ月前から選挙の「不正操作」をけん伝
  • 第1回討論会以降の世論調査結果を受け、批判の的を不正投票に絞る

オバマ大統領とトランプ次期大統領(10日、ホワイトハウス)

Photographer: Pete Marovich/Bloomberg

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は17日、米選挙制度の正当性を疑問視する姿勢を強め、11月8日の本選を前に大規模な不正投票が既に進んでいると主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。