アベノミクス貯金崩す海外勢、買越額7割消える-日銀頼みがあだ

更新日時
  • 先物含む累計買越額のピークは昨年5月の21.5兆円
  • ETF爆買いがコーポレートガバナンス期待を阻害

安倍政権誕生以来、積み上がった海外投資家の日本株買越額が急速に減っている。デフレ脱却、円安による企業業績の改善シナリオが揺らぎ、期待が失望へと逆回転を始めたためだ。需給面で一時は海外勢も驚かせた日本銀行や公的年金の買いも、今や相場のダイナミズムを奪う要因へと変質してきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。