フィッシャーFRB副議長:財政政策は低成長対策に寄与する可能性

フィッシャー米連邦準備制度理事会(FRB)副議長は低い生産性や高齢化による影響が米国の経済や金利の重しとなっていると指摘し、政府の政策によってこうした影響をある程度緩和できる可能性があるとの見解を述べた。

  フィッシャー副議長は17日、ニューヨークのエコノミック・クラブで講演。「民間投資の促進や公共インフラの改善、教育改善、さらにより効率的な規制といった要素が重なり合うことで生産性や生活水準の向上を促す可能性が高いだろう」と指摘。さらに、こうした政策により、「経済、特に中央銀行が将来、実質的な低金利制約に甘んじなければならなくなる可能性を軽減できるだろう」と続けた。

  副議長はFRBのリサーチを引用し、政府支出を国内総生産(GDP)の1%相当引き上げることによって、景気を刺激も抑制もしない中立金利を0.5ポイント引き上げることができるだろうと述べた。

原題:Fed’s Fischer Says Fiscal Policy Could Help Fight Low Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE