フィッシャーFRB副議長:財政政策は低成長対策に寄与する可能性

フィッシャー米連邦準備制度理事会(FRB)副議長は低い生産性や高齢化による影響が米国の経済や金利の重しとなっていると指摘し、政府の政策によってこうした影響をある程度緩和できる可能性があるとの見解を述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。