仏バルス首相が大統領選出馬の意向、オランド氏辞退なら-ルモンド紙

  • 首相と大統領はともに社会党所属、同党は1月に候補者指名
  • オランド大統領は暴露本出版で批判集める

フランスのバルス首相は側近らに、オランド現大統領が2期目を目指さないと決定する場合、2017年5月に実施される次期大統領選に出馬する用意があると話した。仏ルモンド紙が報じた。

  同紙によると、バルス首相は側近に「オランド大統領が出馬しないなら、わたしがすぐ立候補する」と述べた。首相の報道官とは今のところ連絡が取れていない。

  オランド大統領とバルス首相はともに社会党に所属。同党は1月に予備選挙を実施し、大統領選候補者を指名する計画だ。 

  オランド大統領をめぐっては、ルモンド紙の記者2人が合計約100時間のインタビューを基にした暴露本を出版。大統領の判断に最側近の一部からも疑問の声が出るなど、大統領に批判が集まっている。 

原題:Valls Says He’d Run for President If Hollande Doesn’t: Le Monde(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE