ボストン連銀総裁:米経済は既にホットな労働市場に向かっている

  • 失業率は完全雇用の目標をオーバーシュートする軌道に
  • インフレ率は17年末までに当局目標の2%に極めて接近へ

ボストン連銀のローゼングレン総裁は15日、米金融当局の緩和策の結果、国内経済は既に十分な活況を呈しており、自身が推計する持続可能な最低水準よりも失業率の改善が進み、当局が掲げる2%のインフレ目標に到達する方向にあるとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。