英国が7年ぶり脱落、企業が選ぶ投資先トップ5カ国から-EY調査

  • 上位5カ国は米国と中国、ドイツ、カナダ、フランス
  • 英EU離脱以外にも、米金利見通しや各国選挙もリスク要因に挙がる

企業が投資先に選ぶ国・地域トップ5から英国が7年ぶりに脱落した。欧州連合(EU)離脱の選択が国境を越える投資案件を複雑にしていることが、アーンスト・ アンド・ヤング(EY)が発表した幹部調査の結果で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。