OPECによる原油生産の方針転換の盲点-需要がピークに近い可能性

  • 世界エネルギー会議:石油需要は30年までに頭打ちとの見方
  • 再生可能エネルギーと電気自動車が石油業界に影響及ぼす見通し

石油輸出国機構(OPEC)による原油価格押し上げに向けた9月の減産決定という方針転換は、石油業界で最も重要な長期トレンドと相いれない可能性がある。そのトレンドとは、原油需要が15年以内に後退し始める可能性があるということだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。