英の離脱プラン公表を超党派議員ら要求-「ハードな離脱に負託なし」

  • どのような条件で離脱望むか有権者は問われていないと超党派議員ら
  • 破壊的な影響をもたらすEU離脱への負託は存在せずと前労働党党首

メイ英首相に対し、欧州連合(EU)離脱に向けた協議の正式開始に先立ち、同国政府の交渉戦略を明らかにするよう求める圧力が高まっている。

  英国の超党派の国会議員らは週末、リスボン条約50条に基づくEU離脱の正式メカニズムを発動する前に離脱交渉プランの「実質的なアウトライン(概要)」を公表し、議会の採決を仰ぐよう、政府に要求した。

  キャメロン政権で副首相を務めた自由民主党のニック・クレッグ氏や最大野党・労働党のエド・ミリバンド前党首が参加する超党派グループは、6月の国民投票で有権者が問われたのはEU離脱を望むかどうかだけで、どのような条件で離脱を望むかは問われていないと主張した。

  ミリバンド前労働党党首は「オープン・ブリテン(開かれた英国)」のキャンペーンのためにコメントし、「国民投票の結果は、英国のEU離脱を求める負託だが、ハード(強硬)で破壊的な影響をもたらすようなEU離脱への負託は存在しない。これは投票結果を覆すということではなく、離脱の条件決定で議会に発言権を与えるというものだ」と述べた。

  英政府の離脱戦略について議会による「適切な検証」を求める労働党の動議にメイ首相は先週同意を余儀なくされており、議会の採決に拘束力はないとしても、首相にとって扱いにくい問題となりかねない。

原題:May Urged to Reveal Brexit Plan as Lawmakers Push for Vote (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE