にらみ利かせる日銀、超長期金利「20bp程度跳ねたら何かあるかも」

更新日時
  • スティープ化を日銀がしっかり止めにくるかどうか-バークレイズ
  • 外部環境に揺らされない日銀、スティープ化あり得ない-東海東京証

日本銀行が9月に導入を決めた「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」。新しい政策の枠組みは、金融機関の収益圧迫につながる過度なイールドカーブのフラット化を食い止めただけではなく、世界的な債券売り圧力の中でも長いゾーンの金利上昇ににらみを利かせることに成功しているようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。