日本株続伸、米統計堅調と為替安定プラス-素材や鉱業、不動産高い

更新日時
  • ドル・円相場は1ドル=104円台でおおむね安定
  • 日経平均1万7000円接近で戻り売り圧力、代金は2兆円割れ続く

17日の東京株式相場は続伸。米国経済統計の堅調、為替の安定がプラスに寄与し、非鉄金属や鉄鋼株など素材セクター、電機など輸出株の一角が高い。鉱業や不動産株も上昇。半面、原子力発電所の早期再稼働観測の後退で、東京電力ホールディングスが急落するなど電力株は安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。