東電株急落、一時8.6%安-新潟県知事に原発再稼働反対の米山氏

更新日時
  • 一時8月30日以来の安値、泉田知事の出馬見送り発表以前の水準
  • 政府の原発比率引き上げ目標に影響も:専門家

東京電力ホールディングスの株価が急落している。16日の新潟県知事選挙で同社の柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に反対する医師の米山隆一(49)氏が当選したことで、原発再稼働による収益の改善が遠のくとの観測が強まったことが売りを誘った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。