亜鉛価格2500ドルまで上昇も、鉱石「非常に逼迫した状態」と三井金属

  • 鉱石不足から10-12月に中国の亜鉛地金減産加速へ
  • グレンコアの亜鉛鉱山の減産解除の時期が最大の注目点

国内亜鉛地金生産最大手、三井金属の斎藤修営業統括部長は13日、ブルームバーグとのインタビューで亜鉛鉱石の供給が世界的に不足しており、需給の逼迫(ひっぱく)を背景に今後半年で亜鉛価格は1割程度上昇する可能性があるとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。