額縁3240円は家康「しかみ像」、2000億円統べるレオス藤野氏

更新日時
  • 「ひふみ投信」の地銀向け間接販売が伸長、投資顧問も拡大狙う
  • 設定来パフォーマンスはプラス231%、世界的インフラ投資に注目

レオス・キャピタルワークスの藤野英人社長にとって、自宅に飾る3240円分の紙幣と硬貨を収めた額縁は戦国武将の徳川家康が慢心の自戒とした「しかみ像」だ。そこには、一度は社長職を退くことになった反省と日本を代表する投資信託づくりへの思いが込められている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。