米財務省:為替操作国に認定する国なし、日本の監視継続-為替報告書

  • 共和党の大統領候補、トランプ氏は中国に強硬な姿勢を示している
  • 日本などが既に指定されている監視リストにスイスを追加

米財務省は14日公表した半期に一度の外国為替報告書で、中国を為替操作国として認定しなかった。米共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏は中国は為替操作国との考えを示しており、為替報告書は同氏の強硬姿勢を否定した格好だ。オバマ政権下で発表される為替報告書は今回が最後となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。