NY原油(14日):小反落、在庫増とドル堅調を嫌気

14日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が小反落。今週発表された統計で米在庫が8月以降で初めて増加した上、ドル指数が7カ月ぶり高水準に迫ったことで売りが優勢になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。