英マン・グループ:7-9月期の顧客資産、13億ドル純増-予想上回る

上場ヘッジファンド会社で世界最大の英マン・グループは、顧客資産が7-9月(第3四半期)に13億ドル(約1360億円)の純流入となったと発表した。予想を上回る伸びで、同社株は10%余り急伸した。

  同社の14日発表によると、新規資金は60億ドルと、償還の47億ドルを上回った。9月末時点の運用資産は807億ドルに上り6月末の764億ドルから増えた。

  マンはまた、アールト・インベスト・ホールディングを買収することを明らかにした。同社の資産運用額は17億ドルで、米国の一戸建て住宅や、欧州の商業用ならびに居住用不動産に直接投資するなど不動産関連証券の運用に特化している。

  マン株はロンドン市場で一時10.6%上昇し、2015年7月以来の大幅高となった。

原題:Man Group Jumps Most Since July 2015 on Quarterly Asset Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE