独VW:9月の世界販売台数、今年最大の伸び-欧州低迷も中国が好調

更新日時
  • VWブランドも今年初めて前年上回る
  • 欧州シェアは22.9%、前年同月から縮小

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の9月の世界販売台数は今年に入ってから最大の伸びとなった。ブラジルでの落ち込みや欧州でシェアを落としたものの、中国が好調で、排ガス不正の影響を克服しつつある兆候が示された。

  同社の14日発表によると、9月の世界販売台数は前年同月比で7.1%増の94万7600台となった。「シュコダ」に対する力強い需要が追い風。中国で販売台数が急増したことを手掛かりに、「VW」ブランドは今年初めて前年を上回った。VWは昨年9月18日に米国の排気ガス規制に関する検査での不正行為を認め 、販売が落ち込んだ。

  一方、欧州自動車工業会(ACEA)の14日発表によると、9月のVWの欧州シェアは22.9 %と前年同月の23.3%から低下。1-9月の累計では23.9%と、2011年以来の最小を記録した。VWの欧州販売台数は前年同月比5.6%増と、業界全体の7.3%増を下回る伸びにとどまった。

  VWの販売台数全体の3分の1余りを占める中国では20%増の38万2300台に上った。59%減の1万3200台となったブラジルの悪影響を補うのに十分だった。

原題:VW Posts Year’s Biggest Sales Gain as China Offsets European Lag(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE