原発争点の新潟県知事選、16日投開票-米山氏なら東電株に悪影響

東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原子力発電所の再稼働が争点となっている新潟県知事選が16日に投開票となる。4人の候補者のうち、与党が推薦する森民夫(67)前長岡市長と、野党3党推薦の医師・米山隆一氏(49)の一騎打ちの情勢となっており、再稼働議論を押しとどめてきた現職泉田裕彦知事の路線を継承する米山氏が当選すると、東電HDには厳しい情勢となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。