【日本株週間展望】もみ合い、企業決算を見極め-米中の経済指標注視

  • 為替要因から企業業績は楽観視できず
  • 売買代金は低調、日経平均は1万7000円での上値の重さ認識

10月3週(17-21日)の日本株はもみ合いとなる見通し。企業の想定レートを超えた円高による業績下振れへの警戒から積極的な買いが見送られる半面、堅調な米国経済や年内の米利上げ観測を受けた足元の円安・ドル高基調が下支えとなる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。