香港の住宅市場、本土の投資家が支える公算-BofAメリル

中国人による香港での住宅購入が勢いを増している。中国本土の一部主要都市と比べて、香港の住宅価格が「比較的手の届きやすい」水準になっていることが背景にある。バンク・オブ・アメリカ(BofA)メリルリンチが指摘した。

  カール・チョイ、ファン・ツォ両氏は13日付のリポートで、本土の多くの都市で住宅価格が上昇する中で、本土の買い手からの関心が香港不動産市場を支える可能性があると分析。「香港と中国の一級都市との住宅価格の差が縮小している。分散投資もしくは資産の保全を目的として、より多くの本土の投資家が香港で2軒目の住宅購入を検討するかもしれない」との見方を示した。

原題:Hong Kong Homes Becoming More Affordable Than China, BofA Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE