タイ株が5年ぶり大幅高、王位継承が円滑との楽観で-バーツも高い

更新日時

ブミポン国王死去の翌日となった14日のタイ金融市場では、株式相場が2011年以来の大幅高となった。王位継承がスムーズに進むとの楽観を背景に、通貨バーツも買われた。

  タイ株の指標とされるSET指数は前日比4.6%高の1477.61で終了。タイ王室が国王の容体が不安定だと9日に発表したことを受け、同指数は12日までの3日で6.5%下げていた。バーツは対ドルで0.9%高の1ドル=35.30バーツ。一時は1.6%上げた。

  CIMBプライベート・バンキング(シンガポール)の地域担当エコノミスト、ソン・セン・ウン氏は、「売られ過ぎだったようだ」とし、「軍がしっかりと掌握しているため、市場は安定するだろう」と語った。

原題:Thai Stocks Jump Most in Five Years on Optimism for Transition(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE