テンセントが35億ドルの融資契約へ、スーパーセル株取得で-関係者

  • 同社を中心に86億ドルのスーパーセルの経営権を取得する
  • 関係者によれば、デュアル・トランシュの融資枠は期間5年

中国のインターネット企業テンセント・ホールディングス(騰訊)は、フィンランドのスマートフォン向けゲームメーカー、スーパーセルの過半株式をソフトバンクグループから取得するため、35億ドル(約3600億円)の融資契約を結ぶ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。