孫社長に10兆円投資資金、ソフトバンクがファンド設立へ

  • ソフトバンクは2.6兆円出資へ、サウジのファンドが4.7兆円
  • 資金力をつけるためのアイデア、魅力的な投資先を支配-投資家

ソフトバンクグループは14日、テクノロジー分野への投資拡大を目指してファンドを設立すると発表した。総額は1000億ドル(約10兆円)規模となる可能性があるとしており、孫正義社長の投資が加速するとの見方が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。